fc2ブログ

高額視察の必要性

 リオへの高額視察が問題となり、東京都では視察自体が中止になった問題で、必要ならば行くべきだとの意見を聞きますが、私は視察の必要は全くないのだと思っています。

 日本はブラジルよりも多くの国際的なイベントを経験をしているのでしっかりとしたノウハウがあって、ブラジルが日本に学ぶことはあっても日本がブラジルから学ぶことはひとつもないのだと思います。

 たとえ、ブラジル独自の工夫があったとしても、素人である都議会議員が行ったところで、それが新しい工夫なのか、日本でうまく利用できるアイデアなのかわかるはずがありません。

 おそらく東京オリンピックを開催するにあたり、運営上の問題を検討する専門家がいるはずで、リオで日本でも使えるような画期的なアイデアがあれば、当然その専門家が研究をするはずで、都議会議員が視察するよりも、はるかに詳細に、東京オリンピックでも利用できるように洗練された形で、提案してくれるはずなのだと思います。

 そのような専門家がリオに視察に行くのならば価値はあるのかもしれませんが、おそらくその必要もないように思います。

 今回のリオに限らず、首長、議員による視察は、たとえば、地元の名産品を海外に売り出すような目に見えるような成果がないものは、すべて廃止にするべきだと思うのですがどうでしょうか。 
スポンサーサイト



コメント

No title

突然のご連絡失礼致します。
きみきと申します。
ブログのアンテナサイトを運営しているのですが、
貴サイト様を拝見させていただきまして、
是非相互リンクさせていただきたくご連絡差し上げました!
URL: http://goo.gl/F1dDhJ
お手数をお掛け致しますが、ご検討のほどよろしくお願い致します。
非公開コメント

アクセス数

PR

検索フォーム

リンク

QRコード

QR